RCDコンクリート密度計・ロッキー

本機は、スピーディーで正確な締固め管理を実現したRI式表面透過型密度計です。
RIを利用しており、わずか2分で深さ 50 cm まで測定します。RCD工法のようにリフト厚の大きい
施工では、施工の厚さに対応した密度測定の深さが求められます。
RCD.jpg

RCDコンクリート密度計の構成

・密度計本体

・線源ロッド ( 格納運搬コンテナ付 )

・標準計数台

・付属品
 1. 本体トランク

 2. ベースプレート、打込ロッド、ハンマー

 3. 充電コード

 4. 通信ケーブル

 5. 収納袋
 

RCDコンクリート密度計の特長

● 測定方式
ガンマ線透過型


● 測定範囲
pt = 1.0 ~ 2.8 g / cm3


● 測定深さ
50 cm


● 測定時間
バックグラウンド1分 + 計測1分


● 精度
0.02 g / cm3 ( 2 σ 最大 )


● 線源
60Co100μCi ( ステンレスカプセル密封 )


● 検出器
シンチレーション検出器


● 使用温度
0 ~ 50 ℃


● 表示
4桁液晶ディスプレイ×2チャンネル


● 記録
デジタルプリンタ


● メモリ&通信
2048データのメモリ/パソコン通信 ( RC232C準拠 )


● 電源
内蔵電池 DC6V ( 充電式・連続10時間使用可 )


● 本体寸法
W 240 × L 350 × H 270 mm



カタログをダウンロード

丸東製作所へお問い合わせ
丸東製作所facebookページ
丸東キャラクターについて