擁壁土圧実験装置

工業所有権出願中
全国発明くふうコンクール日本商工会議所会頭賞受賞

本器は、試料に砂の物理的性質に最も近似している小径アルミニウム棒を使用し土粒子にみたてること
で、擁壁土圧の様々な状況を再現することができます。
擁壁土圧の基本的な実験だけでなく、様々な状態の変化も観測できる実験装置です。
AMS-811.jpg


擁壁土圧実験装置の仕様

・装置が小型で、土圧計算に必要なデータがすべて得られます。
・試料の単位体積重量、せん断抵抗角、試料と壁体の摩擦角などを測定できる装置が組み込まれています。
・操作が簡単なため、準備も含めて短時間で目的に応じた実験ができます。
・試料にアルミニウム棒を使用しているため、完全な二次元状態の実験ができます。
・アルミニウム棒の模型積層の端面にマジックインキ等でメッシュを描くことができますので、粒子
 (アルミニウム棒)の移動を視覚によって測定できます。
・静止土圧により、主働土圧または、受働土圧の発生にいたる変化状況等の観測ができ、いろいろな
 型式の擁壁崩壊パターンが理解できます。
・異径のアルミニウム棒(φ 1.6と φ 3.0 mm )を使用しており、標準砂の粒形加積曲線と相似に
 なるよう配合されているので、砂の模型実験を再現できます。
・砂の代わりにアルミニウム棒を用いているため、室内でも清潔に手際よく、また安全な操作で特別
 な実験技術を必要としません。



擁壁土圧実験装置の構成

装置本体 : 1式
水平台板 : 1個
固定壁板 : 1個
可動用壁板 : 1個
台車 : 1式
水平移動装置(移動範囲 0~50 mm ): 1式
傾斜装置 ± 30° : 1式
力計 200 N(20 kN ) : 1個
ダイヤルゲージ(ストローク 30 mm ): 1個
アルミニウム丸棒(1.6、3.0 × 50 mm ): 1組
試料貯蔵箱 : 1組
当板 : 1枚
シャコ万力 : 2個
摩擦角・単位体積重量測定器 : 1式
端面ならし板 : 1組
試料充填金具 : 大1、小1
格子観測線引器 : 1式
工具(格納箱付) : 1式



カタログをダウンロード

丸東製作所facebookページ
丸東キャラクターについて
マルトー・エアメータ