はりの応力度実験装置

はりはトラスとともに材料力学や構造力学の中で重要な構造です。はりは一般に曲げモーメントとせん
弾力を受けるため、断面の内部には曲げ応力度とせん断応力度が働きます。
本装置は、アルミニウム製I型断面単純ばりを用いて、室内で安定した応力度の測定が可能です。
曲げ応力度、せん断応力度および主応力度を測定できます。
YMS-901.jpg


重心・図心測定器の仕様

器体寸法 : W 350 × D 200 × H 550 mm
プレート寸法 : 300 × 400 mm



重心・図心測定器の構成

● 模型ばり(アルミニウム製I形断面単純ばり)
断面寸法 : フランジ幅 60 × 桁高 200 × スパン 3000 mm

1式


● 支持台
1組


● 載荷装置(質量 10 kg の枕型分銅10個付)
2組


● 単軸ゲージ(スパン中央断面・曲げ応力度の測定)
9枚


● 2軸ゲージ(支点~荷重点間の中立軸位置・せん断応力の測定)
3枚


● ロゼットゲージ(1/4 L、3/8 L 点)
8枚


カタログをダウンロード

丸東製作所へお問い合わせ
丸東製作所facebookページ
丸東キャラクターについて