点載荷式圧裂引張り試験機

岩石の掘さく、坑道の掘進、岩盤の支保、岩石の加工および利用、またコンクリートの品質管理、現場
試験など岩石やコンクリートの強さを知ることは重要なことです。しかし、岩石などの硬い供試体は作
成に手数がかかり試験が充分に行われていません。
本機は、供試体を非整形のままの岩石又はコンクリート片を試験片として使用できる非整形試験片用引
張り試験機です。
供試体を一定の形に作成する必要がなく、塊状の試験片を2点で点載荷することにより引張り強さの測
定ができる試験機です。
50 kN 用と120 kN 用をご用意しております。
CG-22.jpg



点載荷式圧裂引張り試験機の特長

・非整形のまま岩石又はコンクリート片を試験片として使用できます。
・引張り強さで破壊するため負荷容量が小さくてすみます。
・計算式が球体として理論解析から導かれ、実験値とよく一致します。
・試験機が小型のため現場で試験ができます。



点載荷式圧裂引張り試験機の仕様

● 50 kN
最大支点間隔 : 155 mm
機体寸法 : W 550 × D 300 × H 600 mm
機体質量 : 約 43 kg
載荷ピン : 岩石用・コンクリート用の二種
ポンプ質量 : 約 4 kg


● 120kN
最大支点間隔 : 155 mm
機体寸法 : W 550 × D 300 × H 700 mm
機体質量 : 約 70 kg
載荷ピン : 岩石用・コンクリート用の二種
ポンプ質量 : 約 4 kg



カタログをダウンロード

News & Topics

丸東製作所へお問い合わせ
丸東製作所facebookページ
丸東キャラクターについて