NDクリーンサンプラー  CD-2001

コンクリートの劣化、塩害などに対する耐久性調査において、コンクリートサンプルの採取は重要な
項目です。本機は、コンクリートコアを研究室に持ちかえり調査する従来の方法ではなく、対象物か
ら粉末状のコンクリートサンプルを得て、現場で劣化診断をするための装置です。
CD-2001.jpg



特 長

■ 一人で楽に持ち運びができるコンパクト設計。また操作も容易で誰にでも簡単に操作できます
■ 本機で採取した試料は粉末状なのでコア法の切断、粉砕の作業が不要のため分析前処理の時間が
 著しく短縮されます
■ 直径3cm以下と採取断面が小さいので、コンクリートの損傷が極めて小さく、修復が容易です。
■ 削孔時に水を使用しないので、排水の発生がなく、クリーンに作業できます
■ 本機一式あれば分析前処理の切断、粉砕工程が省略され、コストが大幅に削減されます
■ 本機を使用して採取した試料とコア法により得た試料について塩分測定を行った結果、
 良い相関性が認められています


装 置・構 成

本装置は、削孔器、サンプル回収器およびバキュームポンプとで構成されます。
① 削孔器 : 1台
② 吸引ビット : 2本
③ 吸引ビットアダプター : 2個
④ 固定アーム : 1組
⑤ サンプル回収容器 ( 天井用・側壁用 ) : 2組
⑥ サンプル受皿 : 2本
⑦ バキュームポンプ : 1台
⑧ ホース : 1本
⑨ 収納ケース : 1台
⑩ 付属品・・・ろ紙、ガムテープ、ビット用スプレーグリス
( 注 ) 特別付属品 ( オプション ) として発電機も用意しております。
【 サンプルの回収について 】
サンプル回収容器に吸引されたパウダー状のサンプルは、有孔壁で支持されたろ紙により、空気と分離
され、入口側ロートの底部に沈積します。所要の深さまで削孔したあと、サンプル回収容器のカプラを
はずし、取付金具をゆるめ、ロートからサンプルを回収します。


カタログをダウンロード

News & Topics

丸東製作所へお問い合わせ
丸東製作所facebookページ
丸東キャラクターについて