コンクリート中性化試験機  CD-2004

コンクリート構造物の品質を評価し、その耐久性を診断するには、調査目的に応じた試験データを数多
く、かつ簡易に入手することが重要となります。本機は、ドリル削孔粉を用いた中性化深さ試験機で、
従来のコア採取等による試験方法と比較して費用が安価であり、現場にて迅速に結果を判断することが
できるため、極めて容易な測定が可能です。


特 徴

■ ドリルで直径 10 mm の孔を削孔するだけで、コンクリートの中性化深さが判定できます
■ コア採取試験と比較して大掛かりな機器を使用しません
■ ろ紙の変色を目視で判定するため、現場における判定が容易です
■ 測定後の削孔跡はモルタルやコーキング材で簡易に補修することが可能です

丸東製作所へお問い合わせ
丸東製作所facebookページ
丸東キャラクターについて