自動式4連三軸圧縮試験装置  SG-1099

本機は、土の三軸圧縮試験において、試験準備完了後はPCからの指示により、圧密試験からせん断試
験まで自動に行うことができます。
圧密試験( 等方圧密 )時においては、各三軸室に対し各々( 最多 4連 )側圧、B.P.制御を行い、せん断
試験時においては一斉同時載荷方式となります。
SG-1099.jpg




自動式4連三軸圧縮試験装置の構成

載荷枠( 4連同時載荷方式 ): 1式
三軸室 : 4台
荷重計 ロードセル 2 kN : 4式
側圧計 1 MPa : 4式
間隙水圧計 ‐ 0.1 ~ 1 MPa : 4式
体積変化計 25 ml : 4台
変位計 50 mm : 1台
増幅器( 最多17チャンネル ): 1式
軸負荷表示計 : 4台
PC及びモニター : 1式
レーザープリンタ : 1台
X-Yプロッタ : 1台
制御・計測ソフト : 1式
データ処理ソフト : 1式
二重負荷装置 : 1式




自動式4連三軸圧縮試験装置の仕様

1. 載荷枠
a.負荷方式 : 4連同時載荷方式
b.負荷能力 : 8 kN ( 2 kN × 4連 )
c.負荷速度 : 0.005 ~ 5 mm/min.


2. 適用供試体
a.寸法 : 35 × h 80 及び 50 × h 100 mm
 但し、2連以上の試験時においては同一の高さとします。
b.供試体条件 : 通常の状態にて自立できるものとします。


3. 荷重計
a.最大容量 : 圧縮 2 kN
b.方式:ひずみゲージ式ロードセル


4. 側圧計
a.最大容量 : 1 MPa
b.方式:ひずみゲージ式セル型圧力計


5. 間隙水圧計
a.最大容量 : -0.1 ~ 1 MPa
b.その他仕様内容は側圧計と同仕様とします。


6. 体積変化計
a.定 格 値 : 25 ml
b.計測方式 : 体積変化計測用ビュレットの水頭圧力を微差圧計にて変換計測


7. 変位計
a.定格変位値 : 50mm( 直動式 )
b.方式:ひずみゲージ式変位計


8. 増幅器( 17チャンネル )
a.入力 : ひずみゲージ式センサ
b.出力 : 各 ch.2 出力(計測及び制御用)
 *自立ラックに装着するものとします。


9. 荷重表示器
a.表 示 値 : 000.0 ~ 1999.9 N
b.表示大きさ : h 14 × w 8 mm/1桁
 *三軸室セット時において、載荷ピストンと供試体の接触状態を確認するため、
 載荷枠部附近の見やすい位置に装着するものとします。


10. 二重負荷装置
三軸圧縮試験における供試体飽和を迅速に行うための装置です。



丸東製作所へお問い合わせ
丸東製作所facebookページ
丸東キャラクターについて