3ヒンジポータルフレームの力学実験装置

本器は、構造物として現実感がある自立型の門型架構模型で、構造原理を深く理解することができます。
また、簡易操作で柱脚部水平反力の測定もできます。
骨組みの性質や力のつり合い条件、荷重と反力の関係を理解できます。
KS-1004.jpg


3ヒンジポータルフレームの力学実験装置の特長

・架構模型は構造物として現実感がある自立型とし、部材断面や骨組のプロポーションに実体感をもた
 せました。
・柱脚部の水平反力の測定が可能です。
・負荷位置や負荷方向を任意に選ぶことができます。
・ヒンジにベアリングを用い、各部に精密な加工を施しているため、力学モデルとして高い精度が得ら
 れます。
・長年の使用に耐える堅牢な構造です。
・容易に持ち運びが可能で、卓上で簡単に実験を行なえます。
・基礎の水平移動、沈下の状況を再現できます。



3ヒンジポータルフレームの力学実験装置の仕様

ポータルフレーム : W 600 × H 450 mm
装置寸法 : L 1100 × W 150 × H 350 mm



3ヒンジポータルフレームの力学実験装置の構成

● ポータルフレーム
1台


● バネ秤(各1個)
2 kg 、1 kg 、500 g


● ワイヤー(各1本)
二股 110 cm  直 110 cm


● 分銅受け
自重 500 g 2個


● 分銅(各2個)
1 kg 、0.5 kg


カタログをダウンロード

丸東製作所へお問い合わせ
丸東製作所facebookページ
丸東キャラクターについて