社長ご挨拶

 日頃から、弊社ならびに弊社製品にご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。

maruto_H24 さて、私が弊社に入社した1999年9月から数えて18年、社長に就任してから12年が経とうとしております。2000年以降、一般社会では様々なことがありました。景気の低迷や公共事業の縮小、低価格による過当競争など、弊社の業績に大きく影響をおよぼす事柄が多く、厳しい経営を強いられてまいりましたが、今もこうして事業を営んでいられるのは、弊社に多大なる信頼をお寄せいただき、弊社ならびに弊社製品をご愛顧頂きましたお客様方の、ご支援、ご鞭撻の賜物と深謝しております。


 入社以来、数多くのお客様の元にご訪問させていただきましたが、訪問先で拝見するのは新規にご購入
していただいた弊社試験装置だけではなく、何十年も前にご購入いただいた弊社の試験装置でした。永年、
大切に使用していただき、熱心に試験をされている光景を目の当たりにして、お客様との繋がり、弊社へ
の期待をひしひしと感じました。思えば、このお客様との繋がりこそが弊社が今まで生き残ってこられた
理由であり、これからも大切にしていかなければならないことなのだと思います。


 しかしながら、訪問先で感じるのは、日本での若年層の人手不足からくる人材確保の難しさだけでなく、
若年層の方々が試験装置自体を難しいものと捉えることから生じる人材確保の難しさだと思います。
お客様のご希望の仕様に応えられる装置を製作するということは言うまでもありませんが、いかに若年層
の方々にも試験業務に取り組んでもらえるかを考えた試験装置を製作していくかがこれから重要になって
いくものと思います。弊社もこの10年で若い社員が増え、これからの世代に合わせた試験装置づくりを
模索しているところです。


 学生時代にテニスで培った体力を武器に、弊社社員と共に日本全県を走破し、中国、韓国、ベトナム、
バングラデシュ、ミャンマー、シンガポール、スリランカなど海外にも足を伸ばして数多くのお客様から
ご意見、ご指導をいただいております。これからも歩みを止めることなく現場に出掛け、生きた情報を得
て、これからの弊社の経営に活かしていきたいと考えております。


 おかげさまで弊社は、昨年12月3日に創業65周年を迎えることができました。これからも、社員一同、
お客様からいただいた信頼と信用を落とすことなく皆様方のご厚情にお応えできますよう、より一層社業
に邁進していきたいと考えております。


【 2017年(平成29) 6月 1日/代表取締役 今井 保行 】

丸東製作所facebookページ
丸東キャラクターについて
マルトー・エアメータ