会社沿革

2014年(H26)
     ミャンマー連邦共和国に大型三軸圧縮試験装置納入

2010年(H22)
     ISO9001:2008に移行

2007年(H19)
     営業取扱品目を現在のラインナップに刷新

2006年(H18)
     丸東キャラクター選出

2005年(H17)
     専務取締役・今井保行 代表取締役就任
     代表取締役・井崎宏三 会長就任

2005年(H17)
     創業者・今井帰一逝去

2005年(H17)
     私募債発行(引受:三菱東京UFJ銀行)

2005年(H17)
     力計校正室が力校正におけるJCSS認定事業者に認定される

2003年(H15)
     ISO9001:2000に移行

2001年(H13)
     東洋最大の水理実験装置(泥流水路、土石流水路、幅広水路)を開発、納入

2001年(H13)
     資本金4,500万円に増資

2001年(H13)
     廃棄物処理材料の試験評価機器の開発、納入

2001年(H13)
     取締役副社長・井崎宏三 代表取締役就任
     代表取締役・今井帰一 会長就任

1999年(H11)
     ホームページ開設

1999年(H11)
     株式会社丸東三友製作所を吸収合併
     水理試験機器、構造力学実験装置を取扱製品にラインナップ

1999年(H11)
     ISO9001認証取得

1999年(H11)
     日本最大の超大型平面ひずみ圧縮試験機を開発、納入

1997年(H09)
     自動車衝突実験関連試験機器を製作、納入

1995年(H07)
     PL法に対応

1993年(H05)
     自動品質管理用コンクリートプラントの製作

1991年(H03)
     遠心用土槽の開発開始

1989年(H01)
     本社新社屋ビル完成

1989年(H01)
     複合材料試験機器、試験・研究用切断機を取扱製品にラインナップ

1988年(S63)
     セラミック評価試験機器の開発

1987年(S62)
     代表取締役・今井帰一 勲五等瑞宝章を受章

1987年(S62)
     高圧大型岩石三軸試験装置の開発、納入

1985年(S60)
     旧建設省土木研究所とコンクリートの耐久性に関する評価装置(アルカリ反応性試験装置)を共同開発

1985年(S60)
     旧建設省土木研究所とジオテキスタイル用土質試験機を共同開発

1983年(S58)
     TQCキックオフ

1980年(S55)
     自動車関連、医療関連等の試験機器製作を開始
     試験機器の総合メーカーを目指す

1979年(S54)
     コンピュータによるデータ収録処理装置を開発

1978年(S53)
     代表取締役・今井帰一 通商産業大臣賞受賞

1978年(S53)
     茨城県つくば郡(現つくば市)に株式会社筑波丸東を設立

1973年(S48)
     各種大型実験土槽の製作開始

1972年(S47)
     世界最大の超大型三軸圧縮試験装置を開発、納入

1972年(S47)
     研磨機部門を切り離し、文京区湯島に株式会社マルトーを設立

1971年(S46)
     電油サーボシステムの採用による各種試験装置の製作で地震、耐震構造の解析に貢献

1969年(S44)
     江戸川区篠崎に篠崎工場(~H13)を建設

1968年(S43)
     資本金を1,500万円に増資

1964年(S39)
     資本金を1,000万円に増資
     北海道(~S45)、京都(~S48)出張所を開設

1962年(S37)
     資本金を800万円に増資
     リーレ型圧縮・万能試験機生産用第三工場を建設

1960年(S35)
     荒川区尾久に株式会社三友精機製作所(S50 株式会社丸東三友製作所に改称)を設立

1956年(S31)
     試験機増産のため第二工場建設

1954年(S29)
     江東区深川(現住所)に本社を移転

1951年(S26)
     マルトー・リング(環状ばね型力計)を開発

1951年(S26)
     マルトー・エアメータを開発

1951年(S26)
     資本金25万円、株式会社丸東製作所として設立
     初代社長に今井帰一就任

1947年(S22)
     今井帰一が杉並区馬橋において建築土木用材料試験機製造を目的として丸東工場を発足

丸東製作所facebookページ
丸東キャラクターについて
マルトー・エアメータ